日本とアンゴラの時差

日本とアンゴラの時差は-8時間。日本が午前8時になるとアンゴラは同じ日付の0時となる。

アンゴラ時間の計算

日本時間から8時間戻す。マイナスとなる場合はさらに24から引く。例:日本時間7時-8=-1と計算して、さらに24-1=23時となり現地時間は前日の23時となる。

UTC+1(GMT+1)

中央ヨーロッパ時間と一致する標準時。UTC+1またはGMT+1と表記される。

日本とアンゴラの時差は-8時間

サマータイムなし

時差の計算

日本とアンゴラの時差は-8時間。日本の時間からアンゴラの時間を調べるには、日本時間を8時間戻せばよい。

日本時間 - 8時間 = アンゴラ時間

単純に引き算で求めることができるが、計算してマイナスとなる場合はさらに24から引くと分かりやすい。

例1:日本10時 - 8時間 = アンゴラ2時(深夜)
例2:日本5時 - 8時間 = アンゴラ-3時 → 24-3=21 → アンゴラは前日の21時

逆にアンゴラ時間から日本時間を調べるには、アンゴラ時間を8時間進めればよい。 覚えておくと、アンゴラ旅行中に日本の時間が知りたいときに便利。計算して24を超える場合は、24を引くと分かりやすい。

例3:アンゴラ10時 + 8時間 = 日本18時
例4:アンゴラ20時 + 8時間 = 28時 → 28-24=4 → 日本4時(翌日の早朝)

日本とアンゴラの時差早見表
日本01234567891011121314151617181920212223
アンゴラ16171819202122230123456789101112131415

アンゴラ基本情報

首都:ルアンダ Luanda

公用語:ポルトガル語

通貨:クワンザ(AOA)

ビザ:必要,90日間まで滞在可能

アンゴラ旅行 / 行き方

空路:エールフランス利用のフランス・パリ経由,ブリティッシュ・エアウェイズ利用のロンドン経由

» ページ上部へ