夏休みとは?

日本での夏休みとは、一般的に7月中旬から9月末までに一部期間を休みにする長期休暇のこと。 学校などの教育機関や企業によって時期や長さが異なる。

小中学校・高校では7月下旬から8月下旬までの約1ヶ月間、大学では7月末から9月末までの約2ヶ月を休みとしている場合が多い。公立の小中学校では地域や都道府県によって異なる。

企業の夏休みは、お盆期間を夏休みとする場合や、任意の期間に数日間の連休を取得できる場合など、夏休みの時期・期間は様々である。

小学校

小学生の夏休み期間は、都道府県や市区町村、学校によって差が見られる。 一般的には7月の祝日「海の日」前後から8月下旬または8月いっぱいとしている。 同じ市区町村でも、学校により数日前後することもある。

中学校

中学生の夏休みも、小学生と同様に地域や市区町村によって差が見られる。 一般的には7月の「海の日」前後から8月下旬までとしている。

専門学校

専門学校では、大学に比べると夏休みが短くなっており、9月には授業を再開しています。 早いところでは7月の下旬から休みに入り、8月中を夏季休暇としています。

大学

大学によっても異なりますが、一般的には7月末から9月末までを夏休み(夏季休業期間)としている大学が多くなっています。休校期間はキャンパスや学部、学科によっても異なります。

» ページ上部へ